ダイエット

【ハトムギ効果】いぼとり、腸活、美容と健康に大活躍

ハトムギ画像
便秘の悩みやこどもの水いぼで困っているときに、たどり着いたのが『ハトムギ』。
どうやら、本当に効果がありそうなのです。

ハトムギってなに?

ハトムギはイネ科ジュズダマ属の穀物です。麦は麦でも小麦とは属が違い、ジュズダマ属という属に分類されます。
アジアでは主食やハトムギ茶など食品として、成分の遵苡仁(ヨクイニン)は生薬として利用されています。
ハトムギの成分であるヨクイニンは栄養豊富な穀物で、新陳代謝を促す作用のある良質なアミノ酸で形成されたたんぱく質は白米の2倍、ビタミンB群の一種である葉酸や白米の1.2倍以上もある食物繊維などがあります。

ハトムギが腸によい?

中国ではハトムギは、いぼとりとして古くから用いられていました。
ハトムギに含まれる微量のコイキセノライドという成分に、抗腫瘍効果や角質代謝促進効果があると言われています。

またハトムギには消炎作用・利尿作用があり、体内の水分や血液の流れをよくし解毒や排出を促します。
解毒や排出をすることで、腸内環境を整え血流をよくしきれいな血液になると自然とお肌も調子がよくなってきます。

腸の主な働き

腸は第二の脳と呼ばれていて、脳からの指令がなくても腸自体が判断し活動することができるのだそう。
主な働きは以下をごらんください。

・食べ物の消化
栄養を体内に吸収できるまで分解する消化を行う。

・栄養や水分の吸収
分解した栄養や水分の吸収を行います。

・排泄
不要な老廃物を便として排泄。

・免疫器官
体にとって安全なものと危険なものを振り分け、体に必要な成分には、過敏に免疫反応を起こさせないようにする。

実際に半年続けているが、効果は?

ハトムギのスナックを食べることもあるし、ハトムギの粒を飲み続けている時期もありました。
効果は、まず、便秘がなくなったということです。自然に便意をもよおし、激痛などもなくトイレに行けるようになりました。
ただ摂りすぎるとおならが猛烈にでます。お出かけの予定や会社では大変です。

あと、背中のニキビには効いてるみたいですね。筋腫も微妙に小さくなってましたけど、それはハトムギは関係なさそうです。不明といったところでしょうか。
他にもハトムギが効いているのか腕の肌のザラつきもないですね!(^^)!

どんなハトムギがある?

ハトムギ粒100%【山本漢方】

成人1日当たり、通常の食生活において、1日30-40粒以内を目安に水又はお湯にてお召し上がりください。
日本産。
摂取する粒の量は多いですが、味はまずいわけでもないので飲めます。味はないです。
アマゾンや楽天のレビューも多くて安心です。

醗酵食品 はとむぎ紅麹

紅麹でハトムギを発酵させ、紅麹の持つ本来の力をより一層高めたというはとむぎ紅麹。
なんだかんで、いつの間にか1年近く飲んでいます。レビューにはお味噌汁に入れたりお料理に入れたりとありましたが、私にはニオイも味もダメでした。
味噌の強いニオイという感じでしょうか。
そういうわけで、オブラートに包んでお水等で流し込んでいます。

井藤漢方製薬 漢方屋さんの作ったはとむぎ茶

はとむぎといえばやっぱりハトムギ茶かな。
ハトムギの香ばしさが好きな人におすすめします。